忍者ブログ
趣味をエンジョイしつつ、ヘルニアの療養をしながらマッタリ行きますよ~
[108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スキッドプレート作りました。

ダ〇ソーのステンレス製のトレーから切り出しました。

サスのセッティングも変更してみました。
アウター+インナー(ドゥループのときよりもショートの物)で0Gの時72mm 1Gの時58mmくらいです。
インナー短めの理由は、初期の沈みの時だけ効いて途中からアウターが粘ってくれるようにしたかったからです。

スキッドのツルツル効果で引っかかりにくくなって、引っかかった時にも足が伸びてグリップしてくれる予定です。
PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
無題
いいプレートできたね。
足のセッティング興味あるなー
331 2008/09/01(Mon)22:54:20 編集
Re:無題
プレートいい感じに出来ました。
適当に切って、両面で張って、ハンマーでトントンしました。

いつものドリBOXを登った感じだと、リアが柔らかすぎな感じです。

アウターもインナーも硬めにすれば中立位置で保持する力が強くなるのかなぁ?

管理人2008/09/01 23:20
色々と考えますね~
こんばんは!

練習はどうでしたか?

さて、コイルオーバーセッティングですが、ドゥループと同じで、
フロントはけっこうストロークもあり、ヘロヘロ状態が
良い結果が出ました。

AX10での話しなので、
参考になるかはわかりませんが、私はバネをHPI MT2フロント用イエロー
#6794を使用。

オイルは#100を入れてました。
リアは純正の奴なので、スーパーハードです。
オイルは右側は#200
左側は#400でした。

トルクツイスト対策として、とにかく左側(AX10の場合です。TLTも同じ?)ダンパーの動きだけ
注意して見ながら走らせて、
バネレートを現場で変えながら走らせていました。
トルクツイストはほとんど気にならないくらいのセットにはなりました。
当時車重は2kg前後だったと思います。

コイルオーバーでも
きちんとセットすれば
走破性は変わらないと思います。
じゃ あんたは何故ドゥループにしたの?
と聞かれたら、
それは車高を下げたかったから・・・です(笑)

でもとにかくフロントは
ある程度しっかりストロークするようにして、
リアはストローク量もあまり必要ないのでトルクツイストがでないように少々硬めで、
フロントがしっかり路面を追従してくれれば、リアは引きずってでもついてくるってのが
私の考えでした。

すみません。
あまり参考にならないかもしれませんね。

ではまたm(_ _)m
てら URL 2008/09/02(Tue)20:30:32 編集
Re:色々と考えますね~
丁寧な解説有難うございます。

今日のテストは結構好感触でした。
トルクツイストはあえて消さない方向で、リアも柔らかめで行ってみました。

1Gの縮みは非常に良い結果でした。
スキッドプレートの効果とマッチして、腹下をこすっても足が伸びてくれるので亀になりにくくなりました。

次回のテストではリア硬めで試してみようと思います。
管理人2008/09/02 20:38
TRSCKBACK
trackbackURL:
カウンター
プロフィール
HN:IRONHEAD(あいあんへっど)
年式:1978年
趣味:RCクローリング&ドリフト サバゲ SK8 車 バイク マウンテンバイク 釣り GAME









作業中
VFC×REVO HK416完成
XLH中断中
DATSUN 620修理開始
Jimny JA11 車検取得に向け整備中
SCX10 HILUX化スタート
イベント
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[08/03 デラックス]
[07/26 児玉の偉人]
[07/23 島工房]
[06/15 児玉の神様]
[06/14 児玉の神様]
[06/11 島工房]
[05/12 島工房]
[05/04 ひで]
[04/28 島工房]
[04/27 島工房]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析



























Copyright © TLTでクロ中毒  All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]